logo

韓国新世代のスタートアップという選択

現在、就職競争率が非常に高い韓国で、若者が狙うもう一つの選択肢は起業。

마타티카
3 years ago

韓国企業、韓国起業、スタートアップ、韓国ドラマ、kpop、韓国ニュース、韓国ブログ、人気ドラマ、韓ドラ、韓国社会

こんにちは  

韓国人が毎日お伝えする
最新韓国旅行情報Creatripです!


ペ・スジとナム・ジュヒョクが出演する韓国ドラマ『スタートアップ: 夢の扉』(스타트업)はご覧になりましたか?  

かっこよくて美しい豪華俳優が揃っているのはもちろん、ドラマもとても興味深い内容になっています!  

韓国の若者が自分たちのビジネスを立ち上げ、成功を夢見る物語です  


韓国では新たな価値を創造できる企業形態のことをスタートアップと呼んでいて、ベンチャーとほぼ同じ意味で使われています。

今回は、韓国の新興企業とはどんなものなのか、何が韓国の若者に興味を持たせるのかを見ていきたいと思います  


『スタートアップ: 夢の扉』の紹介ブログはコチラ

  Our instagram

  Creatrip Youtube



韓国新世代のスタートアップという選択

韓国企業、韓国起業、スタートアップ、韓国ドラマ、kpop、韓国ニュース、韓国ブログ、人気ドラマ、韓ドラ、韓国社会

出典:Dramabean

ご存じの方も多いと思いますが、現在韓国での就職競争率は非常に高いです。

特に新卒の多くがターゲットにしているサムスン、LG、現代自動車などの大企業へ就職できる可能性は本当に低いです。

その激しい競争率と業務遂行率の圧力により、韓国の若い世代はスタートアップビジネスにもっと注意を向けるように   


それではスタートアップビジネスとは何でしょうか?

スタートアップビジネスとは、ファッション、雑貨、電子機器、医療機器、技術開発など、あらゆる分野で独自のブランドや会社を設立して運営することです  

韓国企業、韓国起業、スタートアップ、韓国ドラマ、kpop、韓国ニュース、韓国ブログ、人気ドラマ、韓ドラ、韓国社会

出典:wkorea

韓国政府は20年前、経済を活性化するための「韓国スタートアップエコシステム」というプロジェクトを立ち上げました。

これは、起業することを政府が奨励するプロジェクトです  

プロジェクトの開始後、これが経済を後押しし雇用率を高めるのに役立つ可能性があることが判明しています  


以前は韓国で働くというと、大企業で働くことに焦点を合わせることが多かったので、スタートアップという新しい選択肢に新世代はますます興味関心を持っているようです。

もちろん、自分の子どもは安定した企業で働けることを願う親もたくさんいます。


現在、スタートアップ企業の数は徐々に増えており、2019年の韓国のデータによると、およそ3万件の新事業があり、10万人の雇用が創出されました!

 


なぜスタートアップしなければならないのか?

韓国企業、韓国起業、スタートアップ、韓国ドラマ、kpop、韓国ニュース、韓国ブログ、人気ドラマ、韓ドラ、韓国社会

出典:Yonhap News

韓国ではカフェ、アパレルショップ、レストランなど中小企業の入れ替わりが激しいことにお気づきでしょうか?  

ほとんどが若い起業家たちによるものなのですが、これらの事業は早期開業し、早期閉鎖する傾向があります。


しかし、事業を始めるにはかなりの資本が必要になるのに、韓国の若者はどこで事業を始めるための資本を得るのでしょうか?  

実は彼らが得ている資本のほとんどは政府のプロジェクト「韓国スタートアップエコシステム」が支援しているものなんです。 

事業立ち上げの計画を持っている韓国人なら誰でも、このプロジェクトに応募して事業を始めることができます  

韓国企業、韓国起業、スタートアップ、韓国ドラマ、kpop、韓国ニュース、韓国ブログ、人気ドラマ、韓ドラ、韓国社会

出典:wkorea

政府が事業構築の補助金を提供することによって新興企業を支援しているのは面白いですよね  


Korea SMEs and Startup AgencyのWebサイトからの情報では、政府機関がプロジェクトに費やされた総金額の70%を提供するとあります。

資金提供に加えて、起業家向けのプログラム、ビジネスを行うためのオフィスとコンサルタントを提供する機関もあります  


では韓国で起業したい外国人はどうでしょう?

韓国企業、韓国起業、スタートアップ、韓国ドラマ、kpop、韓国ニュース、韓国ブログ、人気ドラマ、韓ドラ、韓国社会

出典:K-Startup Challenge

2016年から、韓国は韓国でビジネスを構築したい外国人を奨励するために「K-スタートアップグランドチャレンジ」を設立  

興味深いアイデアを選択し資金を提供するとともに、アイデアの所有者(外国人)の適切なビザの取得を支援します  

事業が成功すれば、韓国で事業を継続することが可能になります。


こんな風に韓国での企業に興味のある方は、K-Startup ChallengeのWebサイトにアクセスして詳細を確認してください。
(2020年の募集はすでに終了しました。)

韓国企業、韓国起業、スタートアップ、韓国ドラマ、kpop、韓国ニュース、韓国ブログ、人気ドラマ、韓ドラ、韓国社会

出典:tvN

政府の資金提供は確かに大きな利点ですが、良い面ばかりではありません。

資金を調達した後、一部の事業主は利益を上げたり促進したりすることに興味がないので、結局閉鎖してしまう場合も多いです  

また、事業が失敗した場合でも受け取った資金を返金する必要はないそうです  





いかがでしたでしょうか?

韓国で事業を始めたい人は、若者であっても政府の適切な支援を受けることが出来れば、スタートアップに成功できるかもしれません  


韓国ドラマ「スタートアップ: 夢の扉」のブログはコチラ


  Our instagram

  Creatrip Youtube


ここまで、韓国新世代のスタートアップという選択についての記事でした。お問い合わせ事項がある場合、本ブログ記事のコメント欄にご記入いただくか、help@creatrip.com までメールもしくは、公式ライン@creatripまでメッセージを送ってください。

人気記事

LoadingIcon
人気記事