logo

ガラッと変わったソン·ヘギョ-キム·ウンスク作家が披露する凄絶な復讐劇「ザ·グローリー」

ソン·ヘギョ-イ·ドヒョン主演のNetflixシリーズ、30日公開

해바라기
a year ago


(このニュースは情報提供が目的であり商業的な意図は全くありません)


ロマンスクイーンのソン·ヘギョが、「ザ・グローリー ~輝かしき復讐~」を通じて復讐クイーンに挑戦する。


20日午前、ソウル鍾路区のJWマリオット東大門で、Netflixシリーズ「ザ・グローリー ~輝かしき復讐~」の制作発表会が開かれ、アン·ギルホ監督、キム·ウンスク作家をはじめ、俳優ソン·ヘギョ、イ·ドヒョン、イム·ジヨン、ヨム·ヘラン、パク·ソンフン、チョン·ソンイルが参加した。


キム·ウンスク作家は、「一言で表現すれば復讐劇だ。高校生時代に校内暴力にあった女性が復讐をしていく内容だ」として、「企画することになったのは、もうすぐ高校2年生になる学生を育てる保護者だ。校内暴力は私にとって身近な話題だった。その日もこの話をしていたし、私は自分のせいで不便を感じるのではないかと思った。しかし娘が「いつキム·ウンスクなの」と言った。続けて、「死ぬほど誰かを殴ればいいと思う。死ぬほど殴られたら治ると思う?」と聞いてきた。その話を聞いてショックを受け、ノートパソコンの電源を入れた」と話した。


(この写真の著作権はMKスポーツにあります)

パク·ソンフン、イム·ジヨン、イ·ドヒョン、ソン·ヘギョ、ヨム·ヘラン、チョン·ソンイル、キム·ウンスク作家、アン·ギルホ監督が、「ザ・グローリー ~輝かしき復讐~」の制作発表会に参加した。写真=チョン·ジョンファン記者


続けて、「校内暴力の被害者たちは、補償よりは心からの謝罪を受けることを望んでいた。私は心からの謝罪で得られるものは何なのか考えながら、取り戻したいんだろうと思った。人間の尊厳などを。なのでタイトルを『ザ·グローリー』と書いた。世の中の被害者の方々に原点を応援するために作品を作ることになった」と付け加えた。


パート1とパート2に分かれて公開される「ザ・グローリー ~輝かしき復讐~」。アン·ギルホ監督は、「12月30日にパート1が公開され、パート2は3月頃に公開される予定だ。多くの関心と愛をお願いする」と耳打ちした。


「ザ・グローリー ~輝かしき復讐~」は、幼年時代の暴力により魂まで壊れた一人の女性が一生をかけて緻密に準備した凄絶な復讐と、その渦に陥る人々の物語を描く。「パリの恋人」、「シークレット・ガーデン」、「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」、「ミスター・サンシャイン」などで愛されたキム·ウンスク作家と、「秘密の森」、「ハピネス」などで緻密な演出力を披露したアン·ギルホ監督が出会った。


イム·ジヨンは初めて悪役に挑戦する。キム·ウンスク作家は、「悪役を一度もしたことがないからといって台無しにするのならば、私が一番最初に台無しにしてみようと思ってキャスティングした。また、気象キャスターの役だが似合う女優は誰がいるだろうか。また、「天使の顔に悪魔の心臓を持った」という一行の表現があった。その中に符合する人物がちょうどこの方だった。会った時、天使のように笑いながら『悪役をうまくやってみる』と言ったので、握手して酒を飲んだ」と話した。


(この写真の著作権はMKスポーツにあります)

キム·ウンスク作家、アン·ギルホ監督が「ザ・グローリー ~輝かしき復讐~」の制作発表会に参加した。写真=チョン·ジョンファン記者

(この写真の著作権はMKスポーツにあります)

ソン·ヘギョが「ザ・グローリー ~輝かしき復讐~」の制作発表会に参加した。写真=チョン·ジョンファン記者


ソン·ヘギョは「ザ・グローリー ~輝かしき復讐~」を通じてキム·ウンスク作家と2度目の息を合わせ、アン·ギルホ監督と初めて息を合わせた。彼女は、「キム·ウンスク作家とは前作で縁を結んで仲良く過ごしている。『ザ・グローリー ~輝かしき復讐~』という作品を任せてくれて幸せだったし、ドンウンのキャラクターに会わせてくれてありがたかった」として、「監督は初めて一緒に仕事をしたが、普段からファンだった。一度必ず仕事をしたかったが、思ったより早く会った。ジャンルドラマに加え、ドンウンのキャラクターが難しいため考えが多かったが、早く演技を選択できるように手伝ってくださって。現場にいつも監督が先に来ている。なので首をかしげる質問をする時、滞りなく答えてくれてとても助かった」と話した。


アン·ギルホ監督はキム·ウンスク作家との呼吸について、「それこそ今まで仕事をしながら最高の瞬間だった。とても良かった。気さくで謙遜でいつも努力されて、だから『キム·ウンスク、キム·ウンスクと言うんだな』と思った。台本一行、一文字、点を打つ時も悩んで努力するのを見て、私もたくさん学んだ。光栄だった」と伝えた。


これに対してキム·ウンスク作家は、「私も監督と仕事をしながら、少なくとも6つのバージョンの台本を(準備した)」と冗談を言いながら、「ヘギョさんの言葉通り、いつ監督が寝ているのか分からない。すぐ返信をする監督は初めてだった。なので一緒に私も一生懸命仕事をするようになった。『監督さん、魔法使いですか?』と言ったことがある。心配だったシーンをあまりにもうまく具現してくださって、既婚者でなければ抱きしめるところだった。だから私が魔法使いと呼んでいる。とても良かった」と話した。


またキム·ウンスク作家は、ロマンスではなくジャンルドラマを選択したことについて、「私は作品をしながら一歩一歩前進していると考えた。複製をやめようと思って少しずつ変化をしていたところ、『今回はジャンル劇だ。Netflixがいいと言ったから』と挑戦することになった。みんな台本を気に入ってくださった。面子を保つことはできるのではないかと思う。失敗したらまた挑戦してみようと思った」と打ち明けた。


一方「ザ・グローリー ~輝かしき復讐~」は、今月30日に公開される。

人気記事

LoadingIcon
人気記事