logo

頑丈だと思っていたのに、結局解けてしまった「HOOK」…イ·スンギ-ユンヨジョンが家を出た

論難のHOOKエンターテインメントと専属契約解除

해바라기
a year ago


(このニュースは情報提供が目的であり商業的な意図は全くありません)


(この写真の著作権はスポーツ朝鮮にあります)

ユン·ヨジョン。スポーツ朝鮮DB


[スポーツ朝鮮 チョン·ビッ記者] 「どんな争いであれ誤解であれ、その始まりと終わりには責任が伴わなければならないと考える」(HOOKエンターテインメント クォン·ジニョン代表) 


頑丈だと思っていたフックが解けた。最近HOOKエンターテインメント(以下HOOK)が、クォン·ジニョン代表の法人カード流用疑惑と所属俳優イ·スンギの精算問題などで騒々しい中、また別の所属女優ユン·ヨジョンもHOOKを離れる。 


HOOKは5日、「2017年3月から共にしたユン·ヨジョンとの契約が終了したことをお知らせする」と明らかにした。また、約5年9ヶ月間共にしてきたユン·ヨジョンについて、「今後も常に健康に良い作品でお会いできることを応援する」とも伝えた。 


これに先立ち、ユン·ヨジョンが苦心の末にHOOKとの別れを決め、会社を出たというニュースが先月18日に伝えられた経緯がある。当時「全く事実ではない」と否認したHOOKは、約半月で立場を覆し、ユン·ヨジョンとの決別を公式化した。


(この写真の著作権はスポーツ朝鮮にあります)

パク·ミニョン。スポーツ朝鮮DB


最近HOOKは、様々な騒動により話題になった。今年9月、所属女優パク·ミニョンが、国内2位の仮想資産取引所であるビッサムの隠された主だという疑惑を受けているカン某氏との熱愛と決別で注目を集めたのに続き、先月には経営陣の横領容疑で警察庁重大犯罪捜査課から社屋の家宅捜索を受けた。 


警察が芸能事務所を家宅捜索するのは異例のことであり、家宅捜索に対する具体的な背景は知らされなかった。しかし、パク·ミニョンの元恋人カン氏と関連があるという説が提起されながら、HOOKの危機説が頭をもたげた。


続いて、所属アーティストの不和説と移籍説が相次いで起こった。まずイ·スンギは、18年間HOOKから音源と関連した精算を受け取らなかったとし、精算内訳を公開してほしいという趣旨の内容証明をHOOK側に送った。2004年のデビューから18年間発売した130曲以上の音源に対する収益を、一銭も精算してもらえなかったという主張だ。


一方HOOKは当初、音源精算と関連して堂々としているという立場を示したが、HOOKのクォン·ジニョン代表がイ·スンギに向かって暴言を吐く録音記録、法人カードを利用して豪華な生活をしたという情況などが公開され、波紋が起きた。 


特に、クォン代表が2016年1月から今年7月まで約28億ウォンを流用し、クォン代表の実弟を職員として登録させ4億ウォン以上を支援、母親にも月500万ウォン限度の法人カードをプレゼントしたという情況が伝えられ、衝撃を与えた。


(この写真の著作権はスポーツ朝鮮にあります)

イ·スンギ(左側)、HOOKエンターテインメントのクォン·ジニョン代表。写真提供 = HOOKエンターテインメント


さらに、ブランドL社に勤めていた職員A氏に、毎月1000万ウォン限度の法人カードを提供した事実も明らかになった。また、個人的な業務をHOOK所属のマネージャーたちにさせた情況も明らかになった。


結局、クォン代表は先月30日、「イ·スンギ氏と関連する争いにも完全に責任を負う姿勢に下げ、私が負わなければならない責任に対して回避せずに、個人財産を処分して責任を負うようにする」という立場を出した。 


音源精算と関連するイ·スンギの主張に対して、「事実無根」だという立場を固守してきたHOOK側が、クォン代表の法人カード流用内訳が詳細に伝えられたことから、「態勢転換」したわけである。 


以後、イ·スンギがHOOKに対して契約を解約するという通知をし、イ·スンギの公式ホームページを運営中だったHOOKは、イ·スンギのホームページ管理を中断してサイトを閉鎖した。


(この写真の著作権はスポーツ朝鮮にあります)

ユン·ヨジョン。スポーツ朝鮮DB


ユン·ヨジョンの専属契約と関連しても「事実無根」だという立場を取っていたHOOKは、再びユン·ヨジョンとの決別を認めた。そのため、HOOK側の問題が相次いで発生したことから、ユン·ヨジョンも結局再契約の印鑑を押さなかったと見る視線が多い。


もちろん、先月ユン·ヨジョンの移籍説が浮上した当時は、再契約についてまだ決定していなかった可能性もある。ユン·ヨジョンとの専属契約は早くもすでに終わった時点だったため、当時は再契約の有無に対して明確に決まっていなかったという意見だ。


ただし、HOOKが危機に陥ったことは明らかだ。依然として歌手イ·ソンヒ、俳優イ·ソジン、パク·ミニョン、ソ·ボムジュン、チェ·ギュリなどの人気スターたちが所属しているが、HOOKの現在の状況はボロボロになった家の雰囲気だ。クォン代表もやはり、マネージャー人生25年の中で「多くのことがあったが、今回の出来事のように大変で難しいことは初めて体験する」と明らかにした。HOOKが今回の山場で決裂してしまうのか、ぶつかった多くの難関を解決できるのか注目される。

人気記事

LoadingIcon
人気記事