logo

「18年の縁が終了」…イ·スンギ、HOOKに専属契約解約を通知

音源精算金未払い問題から代表の暴言まで論難に

해바라기
a year ago


(このニュースは情報提供が目的であり商業的な意図は全くありません)


(この写真の著作権は毎日経済にあります)

イ·スンギ。写真 | HOOKエンターテインメント


歌手兼俳優のイ·スンギが、所属事務所HOOKエンターテインメント(代表クォン·ジニョン、以下HOOK)に専属契約解約通知書を発送した。音源精算金の未払いから始まった葛藤により、ついに戻れない川を渡った模様だ。


イ·スンギ側は今月1日、毎日経済スタートゥデイに、「イ·スンギが最近送った内容証明に対する回答を返信した」として、「イ·スンギがこの日HOOKに専属契約解約通知書を発送した」と明らかにした。


続けて、「HOOKの専属契約上の義務違反事実を確認し、これに対する是正も行われなかったため、専属契約上の規定に基づき専属契約解約を通知した」と説明した。


イ·スンギは最近、HOOKと音源料精算金の未払い問題により葛藤を起こしてきた。


両者の葛藤は、イ·スンギが先月15日、法律代理を担った法務法人太平洋を通じて、HOOKに精算内訳を透明に公開してほしいという趣旨の内容証明を送ったことから水面上に浮上した。法律代理人は、イ·スンギが2004年のデビュー後から今まで、音源料支給精算書を受け取ったことがないと主張した。


これと関連してあるメディアは、イ·スンギが2004年のデビューから137曲を発表しながら、証明されたものだけで96億ウォンの収益を上げたが、精算された音源収益は0ウォンだと報道した。また、イ·スンギの内容証明以後、HOOKのクォン·ジニョン代表が所属事務所会議の席で吐き出した口にするのも難しい暴言まで報道され、波紋が大きくなった。


これに対してHOOKは先月25日、「HOOKとイ·スンギ氏は、2021年に専属契約を終了してから再び専属契約を締結した当時、この間の精算内訳などを双方確認して金銭的債権債務関係を精算し、そのような事実を確認する内容の合意書を作成した」として、「HOOKがイ·スンギ氏に対して一度も音源精算をしてあげなかったという内容は、事実と違うという点を明らかにする」と立場を示した。


しかし、イ·スンギの法律代理人は先月28日、当該の合意書は「HOOKに対する不動産投資金47億ウォンに関するもの」だと反論した。それと共に、「イ·スンギ氏はHOOKから音源料支給精算書を受け取ったことがない。明らかな事実は、イ·スンギ氏に音源収益の発生事実を故意的に隠し、正確な内訳と根拠に基づく精算がなされなかったということ」だと再度強調した。


(この写真の著作権は毎日経済にあります)

イ·スンギ。写真 | スタートゥデイDB


そんな中、クォン代表の法人カード流用疑惑まで提起され、論難がより一層加重された。先月30日にDispatchは、クォン代表が2016年1月から2022年7月までの6年間、法人カードで約28億ウォンを流用し、その期間に年俸としても26億ウォンを受け取ったと報道した。


結局クォン代表は、「どんな争いであれ誤解であれ、その始まりと終わりには責任が伴わなければならないと思う」として、「イ·スンギ氏と関連する争いにも、完全に責任を負う姿勢に下げ、私が負わなければならない責任に対して回避せずに、個人財産を処分して責任を負うようにする」と頭を下げた。


イ·スンギがHOOKに専属契約解約通知書を送りながら、両者の葛藤は極に達した状態だ。2004年のデビュー時から18年間共にしたHOOKとイ·スンギの真実攻防がどのように終わるのか、帰趨が注目される。


イ·スンギが決別を公式宣言したことにより、ボールはHOOKへと移ることになった。HOOKが双方合意で契約を終えればイ·スンギは「自由の身」になるが、これを拒否して残った契約期間を守ることを要求すれば、法廷攻防へと広がる可能性が高い。


一方イ·スンギは、論難の中でも黙々と映画「大家族」(監督ヤン·ウソク)の撮影に臨んでいる。ただし、12月に初撮影が予定されていたSBSバラエティ番組「チプサブイルチェ」シーズン2には合流しない。


これと関連してSBSの関係者は、「イ·スンギの(『チプサブイルチェ』シーズン2)合流時期は未定だが、制作陣および出演陣は、気苦労中のイ·スンギがすべてがうまく解決されて一日も早く復帰することを願っている」と明らかにした。

人気記事

LoadingIcon
人気記事