logo

イ·ヨンエ 遺体搬送費支援、ATEEZ 1億寄付…梨泰院惨事の犠牲者に温情

芸能界からも助けの手相次ぐ

해바라기
a year ago


(このニュースは情報提供が目的であり商業的な意図は全くありません)


(この写真の著作権はheraldPOPにあります)

イ·ヨンエ/写真=heraldPOP DB


梨泰院惨事にともなう哀悼の雰囲気が続く中、芸能界にも犠牲者たちを助けようとする温情の手助けが続いている。


5日、希望ブリッジ全国災害救護協会によると、グループATEEZは梨泰院惨事の関連支援に使ってほしいと、寄付金1億ウォンを渡した。


所属事務所KQエンターテインメントの関係者は、「メンバーたちが今回の事故を深く哀悼している」として、「犠牲者の遺族と負傷者などに少しでも役に立つことを願う」と明らかにした。


これに先立ち女優のイ·ヨンエは、遺体搬送費がないため故国に行くことができずにいる犠牲者のために、費用を支援した。惨事で亡くなった高麗人パク·ユリアナさんの父親は、故郷のロシアに娘の遺体を運ぶために必要な約5000ドル(約709万ウォン)を用意できず、苦しい状況であるものと伝えられた。


事情を知ったイ·ヨンエは、韓国障害者福祉財団を通じて、「経済的困難により故国に帰れずにいるユリアナさんと遺族を支援したい」という意思を伝えた。イ·ヨンエは、韓国障害者福祉財団 文化芸術分野の諮問委員長を務めている。


(この写真の著作権はheraldPOPにあります)

ATEEZ/写真=ミン·ソンユ記者


またイ·ヨンエは、手紙に「私は双子を持つ母親のイ·ヨンエ」だと言いながら、「数千万の言語があるとしても、ユリアナのお父さんの悲しみを共にすることはできないだろう」と慰めた。続けて、「私も悲しみで胸が詰まって息苦しく、体と心を落ち着かせずにいる。ユリアナのお父さん、それでも頑張らないといけない。もっと敬虔でなければならない。そうしてこそ天国にいるユリアナがお父さんを見守りながら笑うだろう」と、哀悼の意を表した。


イ·ヨンエは、「最後に梨泰院ハロウィン行事の事故により犠牲になったすべての方々に頭を下げて弔意を表わし、大切な生命を守ることができなかった大韓民国の国民として、胸の奥深くで許しを請う」と伝えた。


ハロウィンデーを控えて156人が命を落とした惨事。哀悼の中で市民たちもそれぞれの方式で助けの手を差し伸べている中、芸能界にも犠牲者のための寄付と手助けが続いている。

人気記事

LoadingIcon
人気記事