logo

「そのお金なら済州の代わりに日本?」…「金浦→大阪」航空便も再開

ノービザ+円安効果で日本への旅行客が急増

해바라기
a year ago


(このニュースは情報提供が目的であり商業的な意図全くありません)


(この写真の著作権は毎日経済にあります)

金浦~羽田航空便の搭乗手続き資料写真 [写真出処=聯合ニュース]


済州よりも、ノービザ(査証免除)観光に円安(円の価値下落)効果を享受できる日本を選択する旅行客が増えている中、金浦と大阪の空の道も明日から再開される。


韓国空港公社は、今月30日に金浦~大阪(関西)、金浦~台北(松山)の国際路線運航を再開すると、29日に明らかにした。


新型コロナウイルス感染症の大流行により運航が中断されてから2年7ヶ月ぶりに、これらの航空路線が復元される。 


大阪行きは毎日4便(2回)で週28便、台北行きは週6便(日·月·木)に運航する。台北路線は11~12月に週8便(4回)追加される。


金浦空港は6月末の東京(羽田)行きの航空便を皮切りに、国際線を正常化している。現在まで復旧していない国際線は、北京·上海行き程度だ。


ユン·ヒョンジュン韓国空港公社社長は、「日本と台湾路線は新型コロナウイルス以前、全体国際旅客の約44%を占めた重要な路線」だとし、「今回の運航再開が、全国空港の国際線正常化の起爆剤になるだろう」と話した。


「コロナ19特需」済州、危機をむかえるか


(この写真の著作権は毎日経済にあります)

[写真出処=韓国空港公社]


旅行業界は、日本や東南アジアなど韓国に近い旅行先が人気を集めながら、済州の旅行客数は減少するものと見込んでいる。


日本政府のノービザ観光再開発表後、済州の代わりに日本に行くという消費者が増えている傾向だ。 


「日本製品不買運動」(ノージャパン)の雰囲気が以前ほどでないことも、日本旅行の需要を増やしている。


その反面、「コロナ19特需」を享受していた済州道の旅行客が急減するだろうという憂慮が出ている。その上、高い物価のためから、「そのお金なら済州の代わりに日本に行ける」という話まで出てくる水準だ。


実際に黄色い風船によると、今月中に観光に出かける旅行客の40%が、日本と西ヨーロッパを行き先に選んだ。 


上位予約順位を地域別に調べた結果、▲西ヨーロッパ13.9% ▲九州10.6% ▲トルコ9.7% ▲大阪8.6% ▲東京7.8%などの順で表れた。


黄色い風船は、日本政府が各種入国規制を緩和したことから、旅行客の需要が集中したと分析した。


日本旅行の関心度は前月より144%増加し、今月1~13日に集計されたパッケージ商品の予約率も、前月同期より2.5倍増加した。


済州島観光客の減少を懸念した旅行業界は、前例のない割引イベントを行うなど、プロモーションを積極的に進めている。


新型コロナウイルス感染症の拡散後、国内旅行客の力で特需を享受した済州レンタカー業者も、大幅な割引イベントに入った。一部の業者の場合、正常価格より70~80%割引したりもする。

人気記事

LoadingIcon
人気記事