logo

ユ·スンホ、初のOTT「取引」に出演確定…イ·ジュヨンの特別出演まで「期待」

人気ウェブ漫画原作、10億拉致劇を描く犯罪スリラードラマ

해바라기
a year ago


(このニュースは情報提供が目的であり商業的な意図全くありません)


(この写真の著作権はxportsnewsにあります)


(xportsnews キム·ヒョンジョン記者) 俳優ユ·スンホが、ドラマ「取引」の出演を確定した。さらに特別出演するイ·ジュヨンまで、呼吸に期待が集まる。


ユ·スンホは、wavveオリジナル「取引」の主人公として出演する。(10月26日 xportsnews単独報道) 


「取引」は、偶発的に同級生を拉致した2人の20代青年、ジュンソンとジェヒョが繰り広げる、「10億拉致劇」を扱った犯罪スリラードラマだ。人質に取られた同級生ミヌを含む3人のずさんな拉致劇が、手に負えない状況に陥るストーリーを描く。


OTTドラマに初出演するユ·スンホは、主人公のイ·ジュンソンを演じる。高校時代にサッカーの有望株として注目されていたジュンソンは、夢が破れて彷徨ってから新しい人生を決心するやいなや「同級生拉致劇」に巻き込まれ、大きな感情の振幅を体験する。


(この写真の著作権はxportsnewsにあります)


「取引」は、同名のNAVERウェブ漫画(原作者 ウナム20)を原作とする。2020NAVERウェブ漫画 ウェブ小説 地上最大公募展の優秀賞受賞作だ。現実的ながらも苦いキャラクター描写と、意図せず状況がこじれていく展開で、没入を加える作品である。どのようにドラマ化されるのか期待される部分だ。


ユ·スンホを筆頭に、キム·ドンフィとユ·スビンがそれぞれ拉致事件の主導者ソン·ジェヒョ、10億拉致劇の犠牲者パク·ミヌに扮して息を合わせる。


(この写真の著作権はxportsnewsにあります)


xportsnewsの取材によると、イ·ジュヨンが特別出演し、シナジー効果を出すものと見られる。ウェブ漫画では女性キャラクターがほとんど登場しないが、イ·ジュヨンがどのような役を引き受けるのか注目される。


ユ·スンホは2000年、ドラマ「カシコギ〜父と子が過ごしたかけがえのない日々〜」でデビューした。映画「おばあちゃんの家」、「マウミ」、「40minutes」、「ブラインド」、「朝鮮魔術師」、「キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち」、ドラマ「太王四神記」、「善徳女王」、「ドラゴン桜〈韓国版〉」、「欲望の炎」、「ペク·ドンス」、「リメンバー〜記憶の彼方へ〜」、「仮面の王 イ・ソン」、「ロボットじゃない~君に夢中!~」、「ボクスが帰ってきた」、「メモリスト」、「花が咲けば、月を想い」などに出演した。


「取引」で見せてくれる新たな姿に関心が集まる。


写真 = xportsnews DB

人気記事

LoadingIcon
人気記事