logo

11月1日から日本·台湾·マカオなどのノービザ韓国入国を再開

ノービザ入国が完全正常化…クルーズ船観光客の入国も再開

해바라기
a year ago


(このニュースは情報提供が目的であり商業的な意図全くありません)


2020年4月から91ヶ国·地域のノービザ入国を停止

今回の措置によりノービザ入国が完全正常化

クルーズ船外国人観光客の韓国入国を24日から許可


(この写真の著作権はChosunBizにあります)

10日午後、仁川空港第1ターミナルのある航空会社の窓口で、市民たちが福岡行き航空機の搭乗手続きをしている。 /聯合ニュース


政府が11月1日から日本と台湾、マカオなどに対して、韓国にビザ(査証)なしで入国することができるように再び許可することを決定した。


新型コロナウイルス感染症中央災難安全対策本部は19日、韓国国民に対してノービザ入国を許可した日本など8つの地域·国家に対して、ノービザ入国を来月1日から再開することに決定したと明らかにした。中央災難安全対策本部は、法務部からノービザ入国再開の報告を受け、関係省庁の論議を経た。


これは、日本と台湾などが韓国国民に対してノービザ入国を許可したことによる措置だ。日本は新型コロナウイルス感染症事態初期の2020年3月、韓国で新型コロナウイルス感染症が急速に拡散したことから韓国人のノービザ入国を中断し、韓国政府も相応措置として日本人のノービザ入国を中断した。この措置は2年以上続いてきた。


韓国は今年8月の1ヶ月間、日本·台湾·マカオを対象にノービザ入国制度を「一時的」に施行した。9月1日には同制度の適用を10月31日までに延長した。そして今回、ビザなしで入国できるよう完全に門を開けたのである。


中央災難安全対策本部は日本などに対するノービザ入国再開について「最近、日本·台湾·マカオが韓国国民に対してノービザ入国を許可し、ソロモン諸島·キリバス·マイクロネシア·サモア·トンガなど太平洋5つの島嶼国も、韓国国民に対してノービザ入国を再開したことに伴う措置」だと説明した。


(この写真の著作権はChosunBizにあります)

2日、ソウル中区の明洞通りが外国人観光客と外出した市民たちでにぎわっている。 /News1


これに先立ち政府は2020年4月13日から、コロナ海外流入遮断と相互主義に伴い、韓国国民に対してノービザ入国の禁止措置をした91ヶ国·地域に対して、ノービザ入国を暫定停止した。韓国人のノービザ入国を先に中断した日本に対しては、これより早い2020年3月9日からノービザ入国を停止した。


以後、ほとんどの国に対してノービザ入国が再開された。今回の措置により、新型コロナウイルス感染症の状況でノービザ入国が中断されていた91ヶ国·地域がすべて、再びノービザ入国制度が適用される。韓国にビザなしで入国できる国·地域は、計112ヶ所である。


クルーズ船を利用した外国人旅行客の韓国入国と下船観光も、今月24日から再開される。イム·スクヨン中央防疫対策本部 状況総括班長はこの日、中央防疫対策本部の定例ブリーフィングで、「韓国に入港するクルーズ船に乗船したすべての人員は、船舶内の室内共用空間でのマスク着用、入国前のQコードを活用した健康状態チェック、確診または疑い症状がある場合、船内隔離などの防疫指針を遵守しなければならない」と説明した。

人気記事

LoadingIcon
人気記事