logo

テヨンもカイも「ノーショー」…LAのK-POPコンサートを覆した「ビザ不発」事態

7チームが公演ビザを取れず不参加に

해바라기
a year ago


(このニュースは情報提供が目的であり商業的な意図全くありません)


(この写真の著作権は中央日報にあります)

「KAMP LA 2022」コンサートのステージに上がる予定だった歌手テヨンとカイ。News1


アメリカ・ロサンゼルス(LA)で週末の2日間、大型K-POPコンサートが開かれる予定だったが、出演歌手たちがビザを取ることができず、ステージに上がれない状況が発生した。 


15日(現地時間)、「KAMP LA 2022」コンサートを主催した韓国エンターテインメント業者KAMPグローバル(以下KAMP)とアイドル所属事務所らによると、今回のコンサートに参加することにした15チームのうち7チームが、ビザ問題によりステージに上がることができなくなった。 


KAMPはこの日公式SNSを通じて、ベンベン、チョン·ソミ、カイ、Lapillus、テヨン、Zion.Tら6チームが、ビザ問題により出演がキャンセルされたと公示した。


以後、MONSTA Xの所属事務所は、主催側からビザの承認を受けられなかったという報告を受け取ったと公開し、KAMPは一歩遅れてファンたちにMONSTA X不参加の知らせを追加で伝えた。 


主催側はオンライン声明で、「予測できなかったビザ問題、アーティストと企画会社の統制外にある状況により、アーティストたちが予定通り(アメリカ)旅行ができないということを知ることになった」とし、「このようなニュースを知らせることになり残念」だと説明した。 


K-POPスターたちは、アメリカで有料コンサートを行うと営利活動が伴うため、別途の公演ビザを受け取らなければならない。KAMPはビザ発給の過程でどのような問題が発生したのかについて、詳しい説明をしなかった。 


(この写真の著作権は中央日報にあります)

主催側が掲載したアイドル不参加の公示。写真 KAMPのインスタグラムキャプチャー


今回のコンサートは、LAカウンティ・パサデナの大型競技場であるローズボウルスタジアムで、16日までの2日間開かれる予定だった。


しかしK-POPファンたちは、主催側が納得できないビザ問題と出演陣のノーショー事態により、K-POPの地位を失墜させたと非難した。 


アメリカ大衆音楽メディアのビルボードは、「主催側は今回の公演が『アメリカ史上最も大きなK-POPイベント』になだろうと予測したが、計画が急速に変更された」と指摘した。 


ビザを取ることができなかったテヨンとカイの所属事務所SMエンターテインメントは声明を出し、「主催側で公演ビザの承認業務を行い、すべての部分において事前協力をしたが、最終的にビザ承認を受けられなかった」とし、「主催側の状況把握が遅れたため、早くお知らせすることができなかった」と、ファンの理解を求めた。


(この写真の著作権は中央日報にあります)

SM側がテヨンの公式インスタグラムアカウントに掲載した声明。写真 テヨンの公式インスタグラムキャプチャー


現地のファンたちはオンラインに、「主催側がファンとアーティストを侮辱した」、「下手な仕事の処理にとても腹が立つ」などの書き込みを載せ、全額払い戻しを要求した。 


あるファンは、「予想できなかった統制外の状況」というKAMPの釈明に、「主催側がビザ問題を今日になって知ったという明らかな嘘をついている」とし、「あらかじめ準備してもう一度確認するのは主催者の究極的な責任」だと批判した。 


これに対しKAMPは、申請期限を決めて15日のチケットには全額払い戻し、2日目の公演チケットには50%を払い戻しすると公示したが、チケット予約者たちは、主催側がミスをしておいて払い戻し期限を決めるのは話にならないと憤った。

人気記事

LoadingIcon
人気記事