logo

「未来のパパ」ソン·ジュンギ、♥ケイティと「結婚式の時期は未定→梨泰院に新居」

熱愛説の相手と結婚・妊娠を電撃発表

다혜
2 months ago


(このニュースは情報提供が目的であり商業的な意図は全くありません)


(この写真の著作権はスポーツ朝鮮にあります)

写真=スポーツ朝鮮DB / ケイティ・ルイーズ・サンダースのSNS


[スポーツ朝鮮ドットコム チョン·アンジ記者] 「愛するケイティ」。これまでの俳優ソン·ジュンギの熱愛関連のうわさはすべて事実だった。 


ソン·ジュンギは30日、自身の公式ファンカフェを通じて直接、イギリス出身の女優ケイティ・ルイーズ・サンダースとの再婚を電撃発表した。また、2世のニュースとともに、この日婚姻届まで出した事実も明らかにした。 


ソン·ジュンギは、「ケイティ・ルイーズ・サンダース(Katy Louise Saunders)さんと、これからの人生を共にすることを誓った。今日、夫婦としての人生を始めるために婚姻届を出してきたところ」だとして、「心からありがたくも、私たち二人の間に大切な生命も共に訪ねてきた」と明らかにした。 


ソン·ジュンギは妻のケイティについて、「善良な心を持ち、自分の人生を情熱的に生きてきた。尊敬するほど賢明で素敵な人だ」と愛情を示した。


(この写真の著作権はスポーツ朝鮮にあります)

写真=スポーツ朝鮮DB / ケイティ・ルイーズ・サンダースのSNS


ソン·ジュンギの熱愛事実は昨年12月、スポーツ朝鮮の単独報道で公開された。所属事務所側は、「ソン·ジュンギがある女性と良い感情で出会いを続けている」として熱愛を認めた。 


当時ソン·ジュンギ側は、ガールフレンドがケイティ・ルイーズ・サンダースだという主張に対して沈黙してきたが、ソン·ジュンギはガールフレンドに対する愛を隠さなかった。ソン·ジュンギはケイティの親戚の結婚式に参加した姿が捉えられたり、ケイティと海外スケジュールに共にして同伴帰国する姿も捉えられた。また、昨年9月に開かれた「APANスターアワード」で大賞受賞の感想当時、「愛するケイティ」として恋人に言及したりもした。この過程で2人が結婚準備中だという主張と共に、産婦人科を訪問した姿が捉えられたと妊娠説まで出たりもした。


その後1ヵ月でソン·ジュンギがケイティと結婚のニュースを伝え、妊娠のニュースまで直接伝えながら、これまでの噂は全て事実であることが明らかになった。


一方、ケイティ・ルイーズ・サンダースはイギリスとコロンビアのハーフ女優で、いくつかの作品に出演したこともあるが、現在は中断している生態だ。ケイティはソン·ジュンギのイタリア語教師として知られている。ソン·ジュンギはtvN「ヴィンチェンツォ」当時、イタリアのマフィア所属弁護士を演じたことがある。その後2人は自然に恋人に発展し、人生2幕を共にすることを約束した。


二人は結婚式も挙げる予定だ。ただし側近は、「結婚式を挙げるが、具体的な計画は確定していない」と言葉を慎んだ。またソン·ジュンギとケイティは、ソン·ジュンギが所有していると知られた梨泰院の一戸建て住宅で新居住まいを始めた状態だ。


このようにケイティと新しい人生を始めたソン·ジュンギの未来に、多くの人々の応援があふれている。


▶以下、ソン·ジュンギのファンカフェ書き込み全文


こんにちは。ジュンギです。


今日、私の人生で何よりも大切で幸せな約束を皆さんと一緒に共有しようと思い、このようにご挨拶します。


私のそばで私を応援してくれて、互いを大事にしながら大切な時間を共にしてきたKaty Louise Saundersさんと、今後の人生を一緒にすることに誓いました。彼女は善良な心を持っていて、自分の人生を情熱的に生きてきました。尊敬するほど賢明で素敵な人です。そんな彼女のおかげで、僕はより良い人になっています。


自然に私たちは、幸せな家庭を作ろうという夢を一緒に望みました。お互いの約束を守るために多くの努力をしてきて、心からありがたいことに私たち2人の間に大切な命も一緒に訪れてきました。 そして今日、深い信頼と愛をもとに、夫婦としての生活を始めるために婚姻届を提出してきました。今のように2人が同じ方向を見つめながら、これからの日々を一緒に美しく歩いていきます。いつも変わらず大切にしてくださるすべてのファンの方々に、心から感謝を申し上げます。


特に、私の俳優人生の中で一番大きな力になってくれたキエルの皆さんの応援と願いの通り、これからさらに大きな責任感と情熱という翼を持って、1人の個人として、そして俳優としてさらに高く飛べるように努力します。直接会ってご挨拶できるその日まで、皆さん健康で幸せであることを願います。


一緒に見られている記事
LoadingIcon