logo

ナムグン·ミン、10年ぶりに時代劇出演…「黒い太陽」の監督と再会

MBC新ドラマ「恋人」でアン・ウンジンと切ないラブストーリーを披露

해바라기
2 years ago


(このニュースは情報提供が目的であり商業的な意図は全くありません)


(この写真の著作権はOSENにあります)


[OSEN=チャン·ウヨン記者] 俳優ナムグン·ミンが、「黒い太陽」の監督と再会する。超高速カムバックを選択したナムグン·ミンが今回挑戦するジャンルは時代劇で、昨年「わずか1000ウォンの弁護士」で惜しくも届かなかった「演技大賞」に再び挑戦する。


MBCの新ドラマ「恋人」(脚本ファン·ジニョン、演出キム·ソンヨン)がキャスティングのニュースを伝えながら、本格的な出発を知らせた。 「恋人」は、丙子の乱の兵火の中に投げ込まれたある恋人の愛と、苦難の中に希望を築いた民たちの物語を描いたドラマだ。


「恋人」の主人公には、俳優ナムグン·ミンとアン·ウンジンがキャスティングされた。ナムグン·ミンは昨年11月、最高視聴率15.2%を記録しながら多くの愛を受けた「わずか1000ウォンの弁護士」以後、約1年ぶりにカムバックを決定した。アン·ウンジンも同じく、JTBC「一人だけ」以後、1年ぶりにお茶の間にカムバックする。


ナムグン·ミンはMBCと良い記憶を持っている。最高視聴率9.8%を記録した「黒い太陽」で、MBCドラマの復活を知らせた。ナムグン·ミンは国情院要員ハン·ジヒョク役を演じ、バルクアップまで強行しビジュアルから演技力まで完璧な変身に成功しながら、生涯2度目の演技大賞トロフィーを手にした。


「恋人」でMBCに戻ってくるナムグン·ミンは、「黒い太陽」を演出したキム·ソンヨン監督と再会する。「黒い太陽」を通じて力のある演出力を立証したキム·ソンヨン監督と、どんなキャラクターを演じても自分だけの色で没入度のある演技力を自慢するナムグン·ミンの再会であるだけに、期待を集める。


ナムグン·ミン、キム·ソンヨン監督の再会から、「帝王の娘 スベクヒャン」、「逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-」などを通じて時代劇不敗神話を書いたファン·ジニョン作家の出会いが、期待値をより一層引き上げる。「帝王の娘 スベクヒャン」は最高視聴率11.8%を記録し、「逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-」もやはり最高視聴率14.4%を記録しただけに、「時代劇不敗」が期待される。


最近のMBC時代劇の流れも良い方だ。昨年1月に終了した「袖先赤いクットン」が最高視聴率17.4%を記録しながら終了し、現在放送中の「禁婚令」もやはり2022 MBC演技大賞で3冠王を占め、最高視聴率4.9%を出しながら良い反応を得ている。


(この写真の著作権はOSENにあります)


ナムグン·ミンの時代劇選択も期待を高めている。1999年のデビュー後、ナムグン·ミンの時代劇出演は、2013年に放送された「ホジュン〜伝説の心医〜」程度である。主にトレンディな作品に出演するナムグン·ミンが時代劇を選択したという理由だけでも、予備視聴者たちの期待を引き上げる。ナムグン·ミンは、ある日突然ヌングン里の社交界に現れたミステリアスな男イ·ジャンヒョンを演じる。天然な茶目っ気の中に、誰にも明かすことができない暗い本音を持った複雑な人物イ·ジャンヒョン。何も愛さなかったため、どんなものにも心を開かなかったジャンヒョンは、一人の女性と知り合った後、思いがけない運命の扉を開くことになる。


ナムグン·ミンと息を合わせるのはアン·ウンジンだ。TvN「賢い医師生活」、JTBC「一人だけ」などのドラマはもちろん、最近映画「フクロウ」を通じて忠武路のブルーチップとして浮上したアン·ウンジンは、初の時代劇として「恋人」を選択した。アン·ウンジンは、箱入りで育った良家のお嬢さんユ·ギルチェに扮する。世界の中心は自分で、世の中のすべての男の愛も自分のものだと信じて疑わない澄ました人物だったが、戦争の荒波を経て一人の男を心から慕うようになりながら、次第に成熟していく。


2023年のMBC最高の期待作として挙げられる「恋人」は、2023年下半期に放送される予定だ。

人気記事

LoadingIcon
人気記事