Creatrip: V.I、2審で懲役1年6ヶ月に減刑…「容疑を認めて反省」
logo

V.I、2審で懲役1年6ヶ月に減刑…「容疑を認めて反省」

否認から一転…1審の懲役3年から約半分の刑量に

다혜
4 months ago


(このニュースは情報提供が目的であり商業的な意図全くありません)


(この写真の著作権は毎日経済にあります)

V.I。写真|スタートゥデイDB


グループBIGBANGの元メンバーV.I(イ・スンヒョン、32)が、控訴審で量刑が半分に減刑され、懲役1年6ヶ月が言い渡された。容疑を否認していたV.Iは、全ての容疑を認めて頭を下げた。 


27日、ノーカットニュースによると、国防部高等軍事裁判所はこの日午前、横領および性売買斡旋などの容疑を受けたV.Iに対する控訴審宣告公判を開き、懲役1年6ヶ月を言い渡した。1審で容疑の大半を否定していたV.Iは、控訴審で全ての容疑を認めて反省するという意思を示したものと伝えられた。V.Iの反省の意を受け入れた2審の裁判部は、量刑を大幅に減らし、懲役1年6ヶ月を言い渡した。


V.Iは、2019年2月に浮上した江南のクラブ「バーニングサン」事態の核心人物として挙げられ、1年近く警察、検察の調査を受け、2020年1月に在宅起訴された。二度に渡って拘束令状が棄却され、最終的に在宅起訴された彼は、2020年3月に入隊しながら民間裁判ではなく軍事裁判を受けた。


性売買斡旋、性売買、性暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反、常習賭博、外国為替取引法違反、食品衛生法違反、業務上横領、特定経済犯罪加重処罰などに関する法律違反(横領)、特殊暴行教唆容疑など、9つの容疑で裁判にかけられたV.Iは、昨年8月に開かれた1審の判決公判で、懲役3年、追徴金11億5690万ウォン、身元情報登録を言い渡され、法廷拘束された。


彼が受けている容疑は、2015年12月から翌年1月まで、クラブと金融投資業などのための投資誘致を受けるために、台湾、日本、香港などの投資者に数回に渡って性売買を斡旋し、本人が直接性買収をした容疑(性売買処罰法違反)、江南の酒店「モンキーミュージアム」のブランド使用料の名目などで、クラブバーニングサンの資金5億2800万ウォン余りを横領した容疑(特定経済犯罪加重処罰法違反)、職員たちの個人弁護士費名目でユリホールディングスの会社資金2200万ウォンを横流しした容疑(業務上横領)、2013年12月から2017年8月までアメリカ・ラスベガスのホテルカジノなどで数回に渡って賭博をし、22億ウォン相当を使用した容疑(常習賭博)、賭博資金として100万ドル相当のチップを貸与する過程で何の申告もしなかった容疑(外国為替取引法違反)、2015年12月末にソウル江南区のある酒店で知人たちと酒を飲んでいたところ別の客と口論になり、この事実をユ·インソク ユリホールディングス元代表に知らせ、暴力団を動員して威嚇を加えた容疑(特殊暴行教唆共同正犯)の9つである。


V.Iは現在5ヶ月ほど服役した状態であり、控訴審判決が確定する場合、今後1年余りさらに服役した後に釈放される見通しだ。


RecommendIcon
おススメ
LoadingIcon