Creatrip: 「今、私たちの学校は…」Kゾンビ熱風を引き継ぐか
logo

「今、私たちの学校は…」Kゾンビ熱風を引き継ぐか

期待のNetflix新シリーズ、28日公開

다혜
4 months ago


(このニュースは情報提供が目的であり商業的な意図全くありません)


[スポーツ京鄕]


(この写真の著作権はスポーツ京鄕にあります)

Netflix新シリーズ「今、私たちの学校は…」の出演陣とイ·ジェギュ監督、写真提供 | Netflix


ゾンビが高校に押しかけて来る。Netflixの新シリーズ「今、私たちの学校は…」(イ·ジェギュ監督)が、「ハイティーンKゾンビ物」という新たなカードを持って、全世界のユーザーたちと出会う。


26日午前にオンライン中継された「今、私たちの学校は…」の制作発表会には、ユン·チャニョン、パク·ジフ、チョ·イヒョン、ロモン、ユ·インス、イ·ユミ、イム·ジェヒョク、イ·ジェギュ監督が出席し、作品に関する様々な話を交わした。


同名のウェブ漫画をシリーズ化した「今、私たちの学校は…」は、ゾンビウイルスが発生した学校で孤立して救助を待つ生徒たちが、生き残るために共に手を取り合って死闘を繰り広げるストーリーを描く。


(この写真の著作権はスポーツ京鄕にあります)


この日最も関心を受けたのは、「今、私たちの学校は…」だけの差別性だった。「キングダム」、「スイートホーム」など、これまでKゾンビ物がたくさん溢れたため、その中で光り輝くことができる強みに対する疑問が集まった。


イ·ジェギュ監督は、「ゾンビ物が多いが、ほとんどが成人たちに起こった出来事を描く。それに比べてこの作品は、閉鎖された空間で、成熟しておらず社会化していない若い学生たちに出来事が起きる。若い学生たちが、生と死の境界でどのような選択をするのか見守るのが面白そうだと思った。このようなゾンビ物なら、また違う意味があるのではないかと考えた」と話した。


(この写真の著作権はスポーツ京鄕にあります)


続けて、「人々がどのような希望を持って生きていくべきなのか、『人間らしい』『大人らしい』というのが何なのか、考えることができる作品を作りたかった」とし、「見てから胸が熱くなり、人生について考えさせられるドラマになってほしいという思いで臨んだ」と説明した。


パク·ジフは、「学校が背景なので、制服を着たゾンビたちが給食室、保健室などから現れる。ヘアロールを巻いたゾンビもいる」と、差別化された面を強調した。


チョ・イヒョンもやはり、「この作品のゾンビはさらに早まり躍動的だ」とし「それぞれ性向が違うゾンビを表現した。 こうした点が強みだと明確に言える」と強調した。


(この写真の著作権はスポーツ京鄕にあります)


ユ·インスは、「単純に娯楽性だけを強調した作品ではなく、現在を生きていく私たち全員が共感できるウイルスという共通のテーマを持っている。もう少し現実的に共感できるゾンビ物ではないかと思う」と付け加えた。


人気トップの原作ウェブ漫画を基にした期待感も打ち明けた。イ·ユミは、「ウェブ漫画を読んだ。私が担うキャラクターが気になった。光栄ですぐにしたかった」とし、「2年5組の葛藤を生むキャラクターだ。私を憎むかもしれない」と話した。


ロモンは、「台本を初めて読んだ時、とても没頭した。読みながら泣いて笑った。台本がとても面白く、すごくやりたかった。無条件でやらなければならないという思いだった」と語った。


同年代の俳優たちと共演した現場は親しかった。パク·ジフは、「撮影当時、実際のオンジョと同じ年の高校2年生だった。今は20歳になった。中間試験を受けてから撮影場所に行ったこともあり、学校の制服を着て撮影場所で撮影用の制服に着替えたりもした。お姉さんやお兄さんたちから入試相談のコツも聞き、人生のアドバイスも聞きながら1年を過ごした」と、当時を振り返った。


イム·ジェヒョクは、「パク·ジフがご飯の時間になると、僕とイ·ユミたちに『おじさん、おばさんはご飯食べましたか?コーヒー飲みましたか?』と聞いた。僕は『おじさんご飯食べたよ』と言った」と答え、笑いを誘った。


このように、差別化されたゾンビ物に同世代の俳優たちの「チームワーク」まで加えた「今、私たちの学校は…」は、もう一度全世界をKゾンビブームに染められるだろうか。今月28日に確認することができる。


RecommendIcon
おススメ
LoadingIcon